日本の健康[www.yesae.com]
ホーム 健康 食品 母と子 スタイル
 日本の健康 > 健康 > がん予防:健康なダイエットでがんから離れて滞在する方法

がん予防:健康なダイエットでがんから離れて滞在する方法

     編集:健康

にフィットして、健康的な滞在することは非常に深刻な病気血圧、糖尿病、癌などの癌のような病気のすべての種類を防ぐために、人生のマントラさであるべきで初期段階で検出されなかった場合、致命的な時間になります。この病気の発生は、いくつかの措置を取ることによって防止することができる。とるべき最も重要なステップは、癖を食べたものを変えるのです。栄養価の高い食品は、健康的な滞在のために毎日の食事に含まれるべきである。カリフラワーなどのアブラナ科の野菜、キャベツ、ケールは、ビタミン、ミネラル、繊維の豊富な供給源である芽キャベツが含まれるべきである。ビタミンCが豊富なトマトは、癌細胞のフリーラジカルに作用し、その増殖を防ぐ抗酸化特性を有しているベータカロチンが豊富で卵の朝の朝食、ニンジンと一緒に取られるべきである。緑の葉野菜、大豆、豆腐などは、私たちの食事の一部である必要があります。しかし1、栄養の過剰摂取は、がんにそれ故に我々はバランスのとれた食事を持っている必要がつながることを考慮しなければならない。クッキーは、食品の栄養特性を破壊すると考えられているような野菜は、生、炒め軽く茹でたり、フォームに注意する必要があります。果物は、抗癌特性を持っているビタミンやミネラルの別の豊富な情報源です。ビタミンCが豊富なグレープフルーツ、オレンジボディから発がん性物質を取り除くのに役立ちます。パパイヤは、癌である土壌や加工食品からのニトロソアミンの吸収を防ぐことができ、別の果物です。新鮮なフルーツジュースも非常に有益です。しかし注意が新鮮な、有機栽培の果物を選択するよう注意しなければなりません。彼らは不必要な高い砂糖はカロリーが豊富であり、非実在栄養価を持っているようにパッケージ化されたフルーツジュースは避けるべきである。このようなふすま、全粒小麦、豆類、リンゴ、そして桃のように繊維状食品は毎日食べなければならない。これは、腸、大腸、直腸、胃がんを回避するのに役立ちます。パン、ランチョンミート、サラミなどの加工食品、ポテトウェハは最小限の量に注意する必要があります。これらの食品は、塩と脂肪酸が豊富です。その栄養価はゼロです。彼らは、さらに胃の癌につながる肥満を引き起こし、大腸、腎臓、胆嚢、膵臓などの塩と砂糖を適度に取られるべきである。過剰なナトリウム摂取は健康的ではないので、空のカロリーを追加して過度の砂糖です。牛肉、子羊のように肉を読み、豚肉は少ない量で週に一回取られるべきである。それは、抗癌性の利点を持っているので、非菜食主義者は、彼らの毎日の食事で魚の多くを含むべきである。魚油はまた、癌のリスクを低減することを意味する。水の摂取量は、身体から毒素を洗い流すために増加させるべきである。過剰摂取は、喉、喉頭、およびリンパ節などの喫煙者の口腔がんやがんにつながるようなアルコール消費は慎重に余分であるべきであり、喫煙を減らすべきである適度にする必要があります。健康であることは幸せな生活のために最も重要なものです。少数の予防策を追加しましたケアは、個々のための長寿命を確保することができます。したがって、一方は節度と毎日の運動で健康的な食事を食べるように世話をする必要があります。ジャンクフードではなく、たまにどんちゃん騒ぎ。あなたの健康に!検索
人気の図説
  • 梅毒

    血液、血清、血液の明確な液体成分に対する血清学試験者が梅毒にさらされたかどうかを決定するためにテストされる。梅毒血清学的検査は、診断のために、治療の有効性を評価するためと梅毒への暴露の可能性のための一般的な集団のメンバーをスクリーニングする

  • 混雑

    輻輳が風邪、インフルエンザ、副鼻腔感染症、刺激物やアレルギーに反応して起こることができたときの食品は避けるべき。鼻腔内部の組織や血管が余分な水分で膨潤なる。あなたが混雑しているときにしたい最後のことは、もっと混雑ですが、多くの一般的な食品は

  • 歯の摩耗をヘルプするためにソフトスポットに鉱物を復元する方法

    私たちの口には、特定の鉱物が歯の変性部分を復元する必要があります。鉱化作用は、常に口の中で発生しているが、歯が侵食されており、空洞を形成するために開始されたとき、充填を追加することなく、それを再生するために取ることができるステップがあります

  • 健康

    健康的な食事を食べることの利点は、個人的な選択のまま。それは私たち一人一人が利用できる明確な利点を持っています。幸福の豊富な感覚、高いエネルギーレベル、感情的な整合性、シャープ、アラート心と体力は誰でもすることによって達成することができる。

Copyright © 日本の健康 All Rights Reserved