日本の健康[www.yesae.com]
ホーム 健康 食品 母と子 スタイル
 日本の健康 > 健康 > 中皮腫がん労働被保険者、彼らのビジネス努力の将来を心配し始めたことを補償

中皮腫がん労働被保険者、彼らのビジネス努力の将来を心配し始めたことを補償

     編集:健康

より多くの従業員は、20世紀初頭にアスベスト暴露によって引き起こされる病気、アスベスト会社や企業が開発したように。アスベストへの暴露はよくアスベスト繊維に仕事の彼らの場所で暴露された石綿肺、肺がんや中皮腫がんやアスベスト疾患のほとんどの犠牲者のような様々な疾患の発症とリンクするために文書化されています。これらのアスベストおよび保険会社が労働者災害補償法はアスベスト暴露によって引き起こされる疾患を含むように渡すことが要求された切迫した訴訟から身を守るために。 1930年代後半で、全米の多くの州では、アスベスト誘発性疾患に対処する犠牲者補償法を確立していた。しかし、これらの法律は州によって異なり、自然に変化し、長年にわたって適応している。労働者の補償請求に関する不幸な事実は、彼らは一般的に傷害の主張よりも解決するより複雑であるということです。産業医学のアメリカジャーナルで発表された研究では、研究された提出した特許請求の範囲の大半は未解決のため行ってきましたアスベスト関連疾患を有する人の苦しみの大半はほとんど、労働者災害補償給付金を受けていないことを確認した。あなたの状態の労働者補償法の詳細については、状態s労働者災害補償ボードにお問い合わせください。雇用の分類に応じて、アスベスト被害者は補償の様々なタイプに適用することはできますが、資格を達成し、実際に補償が保証されていない受信可能性があります。露出が連邦機関で就業中に発生した場合、例えば、そのような従業員は、連邦職員の補償プログラムや労働者災害補償プログラムの雇用基準管理のオフィスを通じて、補償の対象外となる場合がございます。さらに、海事産業の従業員が沿岸及び港湾労働者補償プログラムの対象となる可能性がありますが、これはアスベストの主張の大部分を証明した産業医学のアメリカジャーナルで出版前述の研究の対象となった非常にプログラムであるが、未解決の行き。これらの理由から、職業アスベスト暴露によって引き起こされる病気を扱う個人が個人的な傷害訴訟(または被害者が亡くなった場合に家族に代わって提出された不法死亡訴訟)を通じて公正な補償を受けるためのより良い機会を持っている。アスベスト暴露に起因するけがを扱う場合、経験豊富なアスベストと中皮腫の弁護士は、通常、雇用主に対する請求を(雇用者がアスベストの会社である場合を除く)提出していません。その代わりに、訴訟が原因で自社製品による健康被害の完全な意識に完全に責任を負うべきであるアスベスト製品の製造業者に対して提起されています。職業アスベスト暴露によって引き起こされる過度の内科的疾患のために良いと正当な補償を確保するためには、効果的に職業的にアスベストにさらされた人々の権利のために戦うための知識と経験を持っている経験豊富な中皮腫とアスベストの弁護士に連絡するのが最善です。経験豊富な弁護士を雇うことで、完全にアスベスト関連疾患の治療から発生したすべての医療費をカバーするだけでなく、あなたの家族の財政の将来のために提供する報酬を受け取るためにあなたの機会を増やします。検索
人気の図説
  • 高エネルギー食品を食べる方法

    高エネルギー食品はあなたに簡単に一日を通してそれを作るために力を与えるために素晴らしいです。彼らはストレスや過労から排出されるかのように、これらの日ほとんどの人が感じています。しかし、彼らはダウンしている理由の一つは、彼らがはるかに彼らが食

  • 糖尿病&憩室炎の患者は何を食べるべきか?

    糖尿病患者は、しばしば食品の選択肢のための血糖指数を用いて、彼らの食事中の糖および炭水化物を減少させることにより、その血糖値を制御するように言われている。憩室炎の患者は、他の時間帯にフレアアップと高繊維食の間に明確な流動食を処方されています

  • 何が流体を防腐保存されていますか?維持死体の

    メソッドが数年前エジプトやギリシャの司祭数千によって開拓された。しかし、エンバーミングと動脈組織を維持し、現代の技術は博士フレデリックライス、によって17世紀後半になるまで開発されていませんでした。分解速度を遅くする任意の液体物質は、流体を

  • ジュースプラス対。メタジェニック

    突然、果物や野菜は、新しい食品ピラミッドのプリズムを通して違って見える。 USDAの改訂された食品の誘導システム(mypyramid.政府)は体重管理と健康食品の選択肢を作ることに焦点を当てています。私たちの毎日の食事で特に重要 - ビタミ

Copyright © 日本の健康 All Rights Reserved